アナスイのポーチは若い人の間でとても人気のある商品

スポンサードリンク

アナスイのポーチは、若い人の間でとても人気のある商品です。 アナスイのブランドは1980年アメリカのニューヨークで立ち上がりました。 デザイナーであるアナスイ(Anna Sui)は、ミシガン州デトロイト生まれの中国系のアメリカ人です。 アナスイの経歴はニューヨークのパーソンズ・スクール・オブ・デザインを卒業し、ファッションデザイナーになりました。 アナスイのデザインは、艶のあるバラや蝶のモチーフなど花鳥風月的な自然を、黒や紫系の色を基調としたエキゾチックなデザイン が特徴的で、最近のアジアントレンドを作り上げたデザイナーとも言えます。 アナスイはワンピースやドレス、ランジェリー、T-シャツなどファッション関連のものから、ファンデーションや香水、グロス、 化粧ポーチ、メイクボックス、ビューティーミラーなどの化粧品関連、靴やアクセサリー、バッグ、財布、時計、キーケース、定期入れ、 傘、手帳、タオル、エコバッグやティッシュケース、タオルハンカチ、ストラップなど小物にいたるまで、さまざまなデザインを 手がけています。

アナスイの日本進出とファンになった人たち

アナスイのブランドが日本に進出したのは1997年と早く、彼女が持つ12か国、381店舗のうち80店舗以上が日本にあり、 主に日本を中心としたアジアで展開しているブランドでしたが、今ではアジア系デザイナーとしてニューヨークコレクションでは、 欠かせないデザイナーです。そればかりか、ニューヨークコレクションを代表するブランドと言っても過言ではないでしょう。 アナスイといえば、化粧品やアパレルだけでなく、財布などが人気でしたが、そのブームが過ぎたと思ったら、 今度はポーチが若い女の子達に人気になっています。財布といいポーチといい、比較的アナスイのアイテムとしては、 お手軽な値段で手に入りますから、人気が出て当然ですね。何より作りが丁寧で、アナスイのデザイン性は、確実に高級志向になりつつも、 誰でもそのデザインを楽しめるようなアイテムを用意しているところは、ビジネス的には、デザイン同様秀でたところがあります。 ファンの底辺拡大は将来の購買層拡大に繋がりますから、上手な商品構成と言えるでしょう。 もともとアナスイのファンには女優の二コール・キッドマンやトップモデルのナオミ・キャンベルなどがいて有名になりましたが、 もはや誰が愛用しているからというレベルではなくなりました。アナスイのブランドは若い女性から大人の女性まで、 広い購買層を掴んでいて、誰しもアナスイのアイテムを一つは持ちたいと思うようになっています。 それはアナスイのショップが伊勢丹などの大型百貨店を中心に販売されている事も原因と考えられますが、やはりアジア人として 馴染みやすいデザインや、造りが丁寧で長く使えるアイテムが多いという事が一番の要因といえるのではないでしょうか。 ポーチにしても、アナスイの独特のデザインは、普通のポ−チと違って、アクセサリーとしての要素がとても高く、ファッションを コーディネイトする時の丁度良いアクセントとして光ります。 単体で見るとド派手に見えるアナスイのポーチも、いざ身につけてみると驚くほどシックリ来るから不思議です。 アナスイマジックともいえるデザインセンスが味わえます。そこが多くの女性を引き付けて止まないのかもしれませんね。

スポンサードリンク